Friday, January 29, 2010

iPadは誰のもの

「Appleが"iPad"発表」という記事を見つけてちょっとびっくり.

すぅぱぁじょーく史上初の野心的パロディ作品「愛犬家は電気犬の夢を見るか?」の中で同じ製品名を使ったから.

そりゃ日本は遠い異国かもしれないが,挨拶一つ無いというのはどういうことか.
商標登録しといて,買い取ってもらえばよかった.

...って思ってたら,富士通がわざわざ商標申請していたらしい.
Appleを提訴するのもいいが,まろに挨拶一つ無いというのはどういうことか?
 

Friday, January 22, 2010

逃走

天気が良かったので,カイラとサンを敷地に放流してやった.
何が嬉しいのか,カイラは外に出すと決まって家の周囲をバカ走りする(駆けつけ3周).
それでも,すぐに落ち着いて2頭でその辺をブラブラしだしたので,今日の焚きつけを作ろうと,手斧で建材を割り始めた.

あ,そういえばサンはこーゆーの苦手だったっけと,周りを見るともう姿が見えない.
慌てて家の周囲を見渡すと,,,いる!,,,すでに豆粒のようになったサンが,500mほど先の田んぼの中を駆けていく.
逃げるというよりは,用事を思い出したのでちょっと失礼します,みたいな確かな足取りで遠ざかる.

大声で呼んでみたが,,,わかってる,無駄なんだよね.
こういうシチュエーションでは,彼は聞こえないフリをしてズンズン行ってしまうのだ.
すぐに,他人様の家の向こうに見えなくなってしまった.

放っとけば帰ってくるとは思いつつ,何か事故があると嫌だから,すぐに車で探しに出たのだが,なんせ周囲360度どこへでも行ける田舎,発見できなかった.
仕方なく,家に戻ってさてこれからどうするベと考えながら馬小屋を掃除していると,30分くらいしてバツの悪そうな顔で帰ってきた.

しばらく,無言で見つめあう2人.
ま,しょーがないか.(何が!)
こんなことしてっから,せっかくの休暇があっという間に終わっちゃうんだよ.
 

馬のためなら

でかいと言えば,ファームで飛び抜けてでかいにしき君.
一昨年くらいまでは,呼びを無視したり尻を向けたりと,「人の世話にはならんっ!!」的な尊大な態度が眼についた彼だが,最近は給餌の1時間前に自分から馬小屋に帰り,閉じてもいない扉から首を伸ばしてこちらを見つめてたりする.文字通り首を長くして夕食を待ってるわけだ.
自分で扉を閉めることができたら,きっとそうするだろう.
必死のアピールがカワイイと言えなくもない.

にしきは敷地のほぼ半分を独占して気ままに暮らしているが,そこは母屋からは離れた位置なので,人間や犬の様子は遠くから眺めるだけだ.
人に馴れるように作られてきた馬には酷なことかもしれない,,,というわけで,母屋の隣の倉庫を仕切って,そこに馬小屋を作ることにした.

内装工事に入る前に,先々週の(げっ,もう先々週やん)3連休を利用して倉庫を整理した.
 土曜: 資材と機材を整理.
 日曜: 単管と金網で作った鳥小屋を解体,撤去.
 月曜: ゴミの焼却と鳥フンの撤去&掃除.

自分もHiroも「物を整理整頓する」才能にはまるで恵まれていない.
この5年余りの間に堆積した機材や資材を整理するのは大仕事である.おまけにありとあらゆる事物がホコリとクモの巣と鳥のフンに分厚くコーティングされてて,目鼻へのダメージどころか,時として生命の危険さえ感じるほどだった.
ふぅ.
今は内装屋さんに仕切りや柱を作ってもらっているが,コスト削減のため,一部は自分たちで作ることになっている.

恐いなぁと思うのは,これだけ苦労しても,ちょっとにしき君がイヤイヤすると,全てが水泡に帰するということ.
身体はでかいが心は狭いからね~.
 

Wednesday, January 13, 2010

寒いけど

雪が降らないファーム周辺に比べ,英国はすごいことになってるようです.

Snow across Great Britain

スコットランドもウェールズも南イングランド(?)も真っ白.
人間は大変だろうけど,犬たちは張りきってるんだろうな.
 

Friday, January 08, 2010

ぺぐちん

裏庭に3つの大きな穴がある.
じぇち→ぐれぐ→カイラ→その娘たちが代々掘り継いできた,実にくだらない泥穴である.

ぺぐは退屈すると,この穴に頭から突っ込んで土を掻き出し,飛び出した泥を追いかける.ときどき威嚇したりして.彼女が一人で開発した遊び("泥飛ばしてがるるる" 遊び)である.
その他にもこの女は,いろいろな遊びを編み出した.

・"草取っちゃダメーッ" 遊び
裏庭のフェンス際にかろうじて残っている草を引っ張ろうとすると,すごい勢いで飛び込んできて草を噛み千切る.昔,フェンスに巻きついた蔓を引っ張ったときに,彼女に向かってニヤッと微笑んだらこんな習慣がついてしまった(余計なことするんじゃなかった).どこでどう感づくのか,背中越しにコッソリ引っ張ってもあっという間に駆けつける.

・ど根性うしろ向きガエル
「ポン」と声をかけると,こちらに正対したまま飛び上がってきて身体にべちゃっとしがみつく.犬を正面抱きすると妙な感じである.

・"何してるねん!" 遊び
石でも草でも,しゃがんで何かイジろうとするとすっ飛んできてガンを飛ばす.何もせーへんっちゅうに.

・超高速スクラッチ
ハウスで給餌を待ってるときとか,両手で縦柵を引っかく.いや,その速いことったら.パッドから煙が出そうである.

あと,縦柵の隙間からすぽんすぽんと頭を出すとか,眠くなると人の膝によじ登るとか,ハウス内でジャンプしてモグラ叩かれするとか,,,遊びとは限らないが,とにかく,この犬のすることはことごとく変わっている.
 

Saturday, January 02, 2010

2010年の誓い

別にぐーたらしてるわけじゃないが,やっぱり正月は寝そべる機会が増える.
おかげで一つ発見をした.
「自分の頭より高い位置で物を食べられるとイラッとくる」現象である.

特に納豆とかうどんなんかのずるずる系で顕著である.
この感覚は何だろう?

納豆の糸が目の前に流れてくるとか,うどんの汁がはねるとか,そういう問題ではない.
いや,それもあるにはあるが,もうちょっと人間関係の粘っこいところに絡んでいそうな気がする.例えば,普段は微笑みの挨拶を交わす隣人から「私の靴をお舐め」的セリフを言われたみたいな.

う~ん,例えになってないか.
とにかく,これからは立って食事しないように気をつけることにする.