Sunday, November 28, 2010

犬が馬糞をした

朝,犬部屋に行くとカイラ,ぺぐ,きゃすのところにそれぞれびっくりするほど大量のウンチ.
どれも,あまり臭わない上にボロボロしている.
どう見ても馬糞そのものだ.
昨日,放牧地に放してやった間にしこたま食ったに違いない.

それにしても,色といい形といいきれいだ.
繊維一杯の馬糞が整腸剤になるのかもしれない.
 

Thursday, November 25, 2010

作業

先週末2日間(11/20,21)は,沢山のゲストが訪ねて下さった.
毎度毎度,少しは遠慮しようと決意するのだが,途中からおもろい話と美味で頭がボウッとしてきて,気がつけば朝から晩まで食べ続けている.
こんなことをしていては人間が駄目になる,という良心の声も聞こえるが,いかんせん,目の前においしそうなものが並ぶと,ついフラフラと手が伸びてしまう.

・・・ってこんな風に書くと,ただずるずると無為に過ごしてるように聞こえるかもしれないが,やるべきことは,やる.
今は,害獣ども(特に馬とくそやぎ)によって崩壊寸前に追い込まれた旧鳥エリアを,畑だった新しい敷地に移す作業に取り組んでいる.
狭いとはいえ,10×15mくらいの広さはあるので,結構大変.
家畜保健所というところから,鳥たちはちゃんと隔離して飼いなさいと指導されてるから,頑丈なフェンスで害獣の進入を防ぎ,その上を網で覆わないといけない.
野鳥と接触しないのと,うちの連中が飛んでいってしまうのを防ぐためである.

ところが,この網というやつがなかなかうまくかけられない.
きつく張ってもすぐに弛んでくるし,金具などに引っ掛けると簡単に破れてしまう.
切ったり貼ったりするうちに絡まってきて,そのうちどこが端かわからんようになり,やがて靴やボタンや鼻に引っ掛かったりするから,発狂しそうになる.

ちゃんと骨組みを作れば良いんだろうけど,そんな知恵も腕もない.
というわけで,今回は市販のでかいテントを立てて,そこに巡らしたロープに引っ掛ける方式をトライしている.
高さが低く使い勝手は悪そうだが,パッと見は鹿島のアルシンド(古っ!)みたいで結構かわいい.
でも,雪が降ってきたら,もっと何か補強しないとダメだろーな.
 

Monday, November 08, 2010

重要なお知らせ

ファーム開設以来,トト,メメの愛称で親しまれてきた2頭のトカラやぎですが,おかげさまをもちまして,今日から"くそやぎ"と改名することになりました.
以後,くれぐれもお間違えの無いよう,ご留意願います.

 ■■用例■■
 「ねぇママ~,あれ,何ていう動物?」
 (誤)「あれは,ヤギさんね.トトちゃんメメちゃんっていうんだって.かわいいわね」
 (正)「あれは,くそやぎ.見ちゃだめよ」

理由は,,,いつか気持ちが整理できたら書きます.
 

Tuesday, November 02, 2010

2人の蜜月物語(12) -透明で清らかな一筋の〇〇-

目を疑った.

やんごとなきカイラ姫が,食器を見たとたんツツツーっと涎を垂らした,いや,お垂らしあそばしたのだ.
なんという衝撃.
あれほど清楚で気丈で我慢強かった彼女が...
私が仕事で不在の間,継母と義娘の冷血コンビからひどい仕打ちを受けているに違いない.
うう,お痛わしや.

しかし,それにしても,,,卑しいではないか.
世が世なら,どんな山海の珍味を前にしようとも,物憂い風情を毛ほども崩さぬ深窓の令嬢であるはずのカイラが,こともあろうに涎とわっ!
それも,あごから床まで途切れず伝ったばかりか,キラリと反射までした,粘度と透明度を兼ね備えた見事な一本涎だ.
羞恥と食欲のガチバトル.
胃袋の勝利宣言.
家庭教師のロッテンマイヤーが見れば,その場で卒倒しただろう.

さて,どうしよう.
今,このことで一番傷ついているであろう彼女を問い詰めるのは,おそらく最低最悪の愚行だ.
継母に談判しても,鼻であしらわれるのが関の山だ.
う~んう~ん,どうしたらいい?
そうだ!とりあえず緊急処置せねば.

「よしよし,パパがオヤツをあげよう」