Saturday, May 23, 2009

ぺぐの情念

まろの愛車のサイドミラーの下辺りに変な汚れが付いている.
ぺぐの手形である.

玄関から彼女を連れ出した途端,リードに繋がった先で3次元のブラウン運動が始まり,泥だらけの手で停めてあった車を叩いたのである.普段はあまり玄関から出さないから,舞い上がったんやね.
助手席に乗ろうとすると,つい目に入るのだが,その度に笑ってしまう.

実はこの手形,一ヶ月以上も風雨に晒されっぱなしなのに,まだくっきりと残っている.
裏庭からじとっと羊を睨みつけている,彼女の情念が乗り移ったのかもしれない.
 

 

Wednesday, May 13, 2009

毛刈り

週末,羊の毛を刈った.
羊が来て最初の2シーズンは,師匠まで招待して「毛刈り講習会」的な真摯な空気が漂っていたのに,去年くらいから大勢で集まって「BBQの前後にチャチャッと済ませる」くらいの覚悟になってきていた.
舐めてはいないけど,ちょっとした気の緩みとゆーか慢心が生じていたのである.

予定通りチャチャッと1頭目を片付けたときは,この分なら1時間くらいで終わるなと思ったのだが,すでにその時点で利き手の筋肉がおかしくなっていた.しばらくは両手で持ち替えながら凌いでいたが,2頭目の途中でもうギブアップ.その辺からペースががっくりと落ち,色んな人に手伝ってもらいながら,なんとか全部刈り終わったのが3時間後.両手は完全に死にました.
羊っつったって,たったの6頭なのに.

原因は,バリカンの不調.
たぶん,刃を研がなかったために切れ味が悪くなっていて,腕とバリカン(火傷するくらい熱くなったので,氷水で冷やした)に過剰な負担がかかってしまったのだ.試しに刃を交換してみると,ウソのように作業がはかどり,最後の1頭はあっという間に終わってしまった.

やっぱり道具の手入れはサボっちゃいけませんナ,と反省しきり. (←びみょーに主語をごまかそうとしている)
どなたかバリカンの刃を研ぐのが得意な方,友達になりませんか?
 

Monday, May 04, 2009

東京

汐留なんちゃらというノッポのビルの最上階で宴席があった.
お開きになって帰ろうという段になって,どうやって品川に辿り着けば良いのかがよくわからない.ビルの地下二階をウロウロしていると大江戸線やらゆりかもめやらの標識が林立していて,ものすごい数の人々が,迷いもせずにそれぞれの方向に進んでいる.
何だか負けたような気分になって頭がぼんやりしてきたが,そのうち「JR新橋」の標識を見つけたので,とりあえずその方向に進んでいると,おお,ここは日テレではないか,え!?何かイベントやってるじゃん,などと完璧なおノボリさんをやってるうちに見慣れた駅に出た.

やっぱり東京ってすごいなって感じてしまいました.
何が?が良くわかりませんが.