Wednesday, April 23, 2008

げろ

4月後半のこの時節に,外で夕食をとると随分"キモティー"ことを発見した.もう寒さからは程遠いから,七輪の火だけで十分に快適である.月明かりが綺麗だし虫の音も無いから静か.人の声がくっきりとかつ優しく聞こえる.

先週末にやったのは,生はたはた,いか,揚げ物などを炭火で炙ってご飯と一気食い.
んまい.
特に,はたはたのハラワタといったら,秋刀魚のそれが下品に思えるくらい絶品.
焼けるのももどかしくバクバク食べた.

それがいけなかったんだ.
深夜になって急に気分が悪くなりオェッ.うっすら涙を浮かべながら便器を抱え込むという,何とも情けない事態になってしまった.

この感じには記憶がある.
旅先で,清潔とは言えない売り場に積まれていた茹で蟹を買ってきて,友人宅で貪り食ったことがある.他の誰も蟹味噌までは食べなかったのだが,味の誘惑に勝てず,全部食べてしまった.

んまかった...後のドライブが地獄になった.
20分おきにハイウェイ脇に車を止めてオェッ.10回程も吐いて,ようやくモーテルに転がり込んだときには高熱で朦朧となっていた.キンダーガートン・コップっていう映画でシュワちゃんの相方の女刑事が晒した醜態とそっくり.

それ以来,怪しい海鮮物には二度と手を出さないと決心したのになぁ.
この意地汚さは一生直らない.

Saturday, April 19, 2008

無法ヤギに天誅

金網の網目をグリグリと広げては脱走を繰り返し,植木,飼料,畑を荒らし放題に荒らしていた2頭のヤギ.
畑で牧草の若芽をのんびり食んでいたところを,ぐに急襲させてヤギエリアに追い込み,網をこれでもかと補強してやった.
今日は飯抜きじゃ.

Sunday, April 06, 2008

四月六日のできごと

ぐの目蓋が立派に腫れていて,娘に言わせると「ビタミンウォーターの速水いまいち」みたいな顔になっている.
なぜそうなったのかは思い出すのもイマイマしいので触れないが,犬畜的習性と下らないオトコ的メンツと飼い主の慢性的怠惰が招いた不幸な事故と言っておこう.

せっかくの男前が台無しのぐれぐ君,態度が異様に神妙である.
トイレに出してやると,いつもは駆け回って隙あらば柵を飛び越えようとしていたオトコが,ヨロッ・・・ヨロッ・・・と近寄ってきたかとおもうと,脚側位置に座ってこっちを見上げている.
でも,その顔が速水いまいち.
爆笑をこらえて「どした,痛むのか?」と声をかけてやると,震える右前足をあげて一世一代のアピールである.
どうも,心の奥の大事な部分まで傷ついたらしい.
男の子だろ,泣くな.

で,一連の事件は昨日だったのだが,今朝はいつもどおりに駆け回っていた.
回復早いのね.