Monday, December 25, 2006

ホントにウソじゃないってば!

骨になった指を嘆いてばかりいてもしょーがないので,頑張って立ち直ることにした.
もちろんなかなか思うようにはいかない.
筋肉が無いものだから,力が入らないのだ.
それでも念を集中すれば何とか日常生活くらいはこなせるようになるのだがら,人間の適応能力も大したもんだ.

人は変わり果てた手を見ていろいろ気を遣ってくれるが,犬たちの態度は変らない.
いつも通り甘えにくるし,骨の指で撫でてもギョッとしたりしない(指でブラッシングできて便利だったりする!).
だからこちらも気が楽である.

今日も4頭と遊んでから,締めくくりにオヤツをあげることにした.
みんな食い意地が張ってるので,ケンカにならないよう一頭ずつ名前を呼んでから与える.
 「りん」,,,パクッ
 「じぇち」,,,パクッ
 「ぐっ」,,,パクッ
 「さん」,,,カツッ
おっと,さんの歯に指(の骨)があたってしまった.
うまく力が入らないので,微妙にタイミングが狂ってしまう.
はは,相変わらず俺ってどんくさいね.

はいっ,オヤツ終わり~,これにて解散!

ん,さん,,,どうした? その顔は.

何だよ,もう何にも持ってないよ.
違うよバカ,この骨はオヤツじゃなくて俺の指!
...おい,そんな目で俺を見るなって.
あ,こら,やめろっ!!
痛い痛い痛い痛い,いててててててててっ,ぎょえ~!!!
 

Saturday, December 02, 2006

ホントだってば!

じぇちさんが土間に座って窓の彼方の景色をじっと見ている.

いつも思うのだが,座ってかしこまっている犬を斜め後方から眺めると,何だかずっと賢そうに見える.
特にじぇちは,後頭部が出っ張っててアゴを引く癖があるせいか,ドキッとするくらい知的に見えるときがある(親バカ~!).

で,ふと言葉が通じるような気がしたので,戯れに 「結婚してください」 と後ろ姿に向かって囁いてみた.

何の反応も無かったので,聞こえなかったのだろうと思っていたが違っていた.
彼女は考えていたのだ.
二分ほども経ってから,彼女はゆっくりとこちらを振り向き,低いしゃがれ声で言った.

「・・・いいよ」

そのとき唐突に,彼女のボディランゲージがはっきりと理解できるようになった.
それは 「裏切ったら噛み殺すからね」 と告げていた.

とてもマズイ状況になってしまった...