Monday, July 31, 2006

草ひき→草刈り

やっぱり嫌がる身体には逆らえない.
手で引こうとしてた裏庭の草を,刈り払い機で一気にぶった切ってしまった.
もちろん,根は残ってるのでじきに復活してくるだろう.
もう,君たちとは争いたくないのだが・・・

草に隠れて取り切れなかった犬のンコが3個ほど出てきた.
みんな真っ黒に干からびている.

去年までは,いつのまにかンコ食い虫が集まってきてせっせと分解してくれたのだが,今年は来ないつもりなのだろうか.
近くに馬糞があるから,みんなそっちに行ったのかも.
虫たちは選り好みが激しいからなぁ.
 

Sunday, July 30, 2006

冷戦状態

りん姉とHiroさんの関係がおかしい.

米ソの冷戦と言ってもいいくらい険悪である.

原因はよくわからない.
ただ,裏庭に出ている犬たちをHiroさんが呼んだとき,は~い,と駆け込んでくる3頭の後ろから,わざとらしくノロノロした仕草で,途中でUターンする女を見たという目撃証言がある.
その後,Hiroさんは「もう知らん」と言い捨て,ドアを閉めて部屋に入ってしまったのである.

どきどき.

あの,何か僕にできることがあったら・・・
 

Wednesday, July 26, 2006

キャンプ大会

先週末は「親子の集い」というトホホなタイトルのキャンプ大会.
場所は近場の川原・・・ではなくて小学校の校庭なんだな,これが.

このクソ暑い中,何が悲しゅうて校庭で飯ごう炊飯したり,ドッチビーしたり,胆試しのお化けしたり,テントで寝たり,6時起きでラジオ体操せにゃならんのだ.
休みはパチンコ,風呂,ビールに決まっとるやろ!

・・・と顔に描いた親父組が10人ほど集まる.

午後3時の集合から子供や母親たちがかまどを用意するまで,一団は手持ち無沙汰でドヨ~ンとしていた.しかしかまどと薪がセットされると,いつの間にかその辺を占領して火の加減を調整している.
その横では,勝手に持ち込んだダッチオーブンで勝手に鳥飯を作り始める御仁までいる.
子供にやらせてみようなどという気遣いはない.

調理が始まると好きな肉や焼き鳥ばかりを焼いて,味見と称して勝手にパクついている.
当然,野菜が余ってくるのだが,その頃には調理の情熱はあらかた失せている.
お母さん方にトングを渡して,「この麦茶,泡立ちませんなぁ」とグチりながら食べ役に回る(校内だからアルコール禁止).

夜の花火大会.
危険だからと,仕掛けや打上げ花火を離れたところに持っていってセットするのはわかる.
しかし,肝心の子供たちが見てもいないのに,勝手にずんずん上げてしまうのは如何なものか.
最後には 「もうロケット無いんか,ロケット!」 と,子供の花火まで取り上げる.
おかげで派手モノはあっという間に無くなり,盛り上がりを欠いた大会は粛々と終わる.

翌朝,夜更かしで眠たげな子供たちや,気配りで疲労の色が濃い先生や母親組に較べ,アルコール抜きで不貞寝するしかなかった男たちの顔色はとても良かったのである.

わがまま?
そうかもね.

でもこうやって,まず自分たちが一生懸命楽しんでみせることも,正しいおじさんの正しい身振りではないかと,親父組の一人としては思うのでした.
 

Monday, July 24, 2006

すみれとぐれぐ

晩生のぐれぐがついに目覚めてしまった.
相手は水鳥のヒナである.

裏庭にトイレに出したとたん,彼は一目散に倉庫との間を仕切っているフェンスに突進する.
するとそれを待っていたかのように,倉庫の影から一羽のヒナが姿を現わすのである.

ヒナはぐれぐを見て一瞬たじろぐものの,なぜかヨタヨタと近寄っていく.
酔っ払いのような足取りに触発され,狂ったようにメンチを切るぐれぐ.(トロいくせに小虫を見つけるとピャピャッと動くので,これがますますeye dog魂をそそる)
その視線を受け止めつつ,ヒナはお尻を振りながらその辺りをウロつく(怖くないのか?).
10分も20分もそんなことをしている.

放っておいても不毛な時間が経つだけなので,仕方なく,用の済んだ他の犬と一緒にぐれぐも部屋に入れる.
もちろん○ッコができてないから,後で土間で失敗する羽目になる.

恐るべし・・・,魔性の女すみれ(♀バリケン,一ヶ月).
早くも若犬を手玉に取るのか!?

すみれの写真はこちら→
http://miwafarm.blogtribe.org/entry-53192cf00d1999da50043a708450eba2.html
 

Monday, July 17, 2006

羊毛を洗った

先日,Hiroさんを手伝って,刈って置いてあった羊の毛を洗った.
ぐちゃぐちゃ洗うと紡げなくなる(らしい)から,洗剤液に漬けておくだけ.
1時間後に何度か濯いでみると,どどめ色だった毛が輝くばかりの白に!

天日で乾かした羊毛に顔を埋めてみると,懐かしいような甘い匂いがする.
この匂いに包まれてオッパイ飲めるなら・・・私は子羊になりたい.

Wednesday, July 12, 2006

俺は食う

なぜか気に入ってる中村うさぎさんの文章です.

================================================
真剣に物を食べる男が,私は好きだ.
(中略)
真面目に食べなさい.食事は,日常の大切な儀式です.
テーブルマナーとか,そんなことを言ってるんじゃない.
我々は,生きている.苦しいことや嫌なことを抱えながら,否応なく生きている.
でも,美味しい物を楽しく食べていると,生きていることもそう悪くないな,と思えてくるでしょ.
だから,食事は大切なの.
楽しく,そして真剣に食べなさい.
食事に真剣になれる人は,人生にも真剣になれる.
================================================

うちでもっとも真剣に物を食べるのは,何といっても青二才.
彼が嫌なことを抱えてるかどうかは知らないが,「生きていることもそう悪くない」 と思ってるのは確かだ.
だって,足どり軽すぎ.

Monday, July 10, 2006

草ひき

先々週くらいからウジウジ悩んでいた裏庭の草むしりに着手した.

こーゆーのは,やるゾと意気込むと立ち眩みしたり,○ンコしたくなったりする.
身体が拒否してるのだ.
だから今年は,「別にやんなくていーから」 と自分をだますことから始めてみた.

で,何気ない風を装って裏庭に出て,遠くの竹林なんぞを眺めながら,おもむろにしゃがみこんで周りの草を2,3本だけむしってみる.

「おい,オマエ何やってんだ,草むしりなんかすんじゃねーぞ!」
「ハハハ,シャレですよシャレ,やだなぁもぅ」
とさらに自分を油断させつつ,その隙にもう5,6本抜いてしまう.

ウソだと気づいて身体が怒り出す前に手を止める.
立ち上がって眺めてみると,びっしり生えた雑草ゾーンに中途半端な剃り込みが入っている.

「フフッ,これが見過ごせますかい,ダンナ?」

まろの身体(A型乙女座痩せ型)はこういう状態に弱い.
せめてその剃り込みだけでも完成させようと,しぶしぶ作業を続行させることに成功する.

で,汗を流すこと30分,やればできるじゃんと自分を褒めつつ部屋に戻り,冷えたジュースを飲みつつ満足感に浸るのでした.

(実はこれだけ頑張っても90%が手つかずのまま.Hiroさん,あとは任せた)
 

Saturday, July 08, 2006

横山プリン

自意識過剰で窒息しそうだった中学生の頃,学校から帰って夕食までの時間,その後10年以上続くことになる深夜放送中毒のきっかけになったラジオ番組を,ラジカセを抱え込むようにして聞いていた.

それは「カットジャパン1310(サーティテン)」という関西ローカル番組で,キャシィという人種不明のタレントと横山プリンという生物種不明のタレントがDJをしていた(2人とも今どーしてんだろ?).

視聴者参加型のライブトーク番組で,ギャグは思いっきり下品,「まいど!」「おいど!」という挨拶に始まり,マイクをほお張って涎まみれにしたり,美人顔のキャシィがババ声で怒鳴ったり,視聴者のハガキを踏んづけたり,素敵にうるさく暑苦しい1時間半だった.

ギャーギャーとうるさいカモを見てて,ふと思い出したのでした.
 

Friday, July 07, 2006

Wednesday, July 05, 2006

りん姉 vs にしき

バックヤードフェンスの中ではめっぽう強気なりん姉。
遠くの方で羊が走った!ドバンが歩いた!!鶏が遊んでる!!!
勢いよくフェンスの中で吠えながら、力を誇示している。

他の3頭は家の中に撤収して、りん姉だけバックヤードで遊んでいるときに、にしきを放牧場から出して、バックヤード周辺の草刈をさせた(もちろん、リード付き)。
いつものようにフェンスの中でイキガッテいるりん姉を、だまれ!と叱っていたら、にしきくん、ちらっと私を見て、とっとっとっとっと、ケツをフェンスに向けたかと思うと、りん姉の顔の前でフェンスを蹴った!

りん姉、この日は2度とにしきには吠えませんでした。にしきの勝ち。